terra〜物語のガードナー

物語を紡ぎ出すことに人生を費やしているインディーズ作家・多部良蘭沙が、日常で感じたことを綴るブログです。どうぞ、よろしく!

〝ファスト映画〟が観られる理由

 

 

先月、

ファスト映画をネットに上げたことで

容疑者が捕まったというニュースが流れました。

 

これは本編を10分程度の長さに編集し、

投稿者独自の内容解説をつけたもの。

 

本筋の要点を拾い上げ、

ラストの展開にまでふれているため

短時間で全編の内容が

把握できてしまうという〝スグレもの〟

 

ただ、

これによって作品の鑑賞機会が奪われるため、

法律で禁じられているわけです。

 

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

 

が、ここで私が語りたいのは

事件そのものの話ではない。

観る側の話です。

 

こういった犯罪が起こる背景には、

まちがいなく需要があるから。

 

なぜ、

人はファスト映画を観るのか?

 

ひとつには

時間が惜しいからでしょう。

 

2時間かけるところを10分で済ませられる。

いそがしい現代人にはぴったり。

 

でも、

それでストーリーやネタバレは頭に入っても、

映画を体験したことにはなりません。

 

となると

鑑賞自体が目的ではない——

 

ここで私が思い出したのは、

以前話題になった〝あらすじ本〟です。

 

日本や世界の名作文学の内容を

短くわかりやすい文章でまとめて紹介。

一冊読むだけで何10冊もの名著を

頭に入れてしまえる。

 

いわば〝ファスト文学〟

(とはいっても、こちらは合法ですが)

 

こういった本が売れる理由のひとつは

「知らないと恥ずかしい思いをするから」

ではないでしょうか。

 

もし、

同じ理由でファスト映画が観られているとしたら、

それは〝自分の体面を保つため〟かも。

 

以前、このブログで

レンタル友達の話をしたことがあります。

 

自分には友達がいることを

SNSでアピールするために

いっしょに写真に写ってくれる役者を

レンタルできるという話。

 

ひょっとしたら、

〝ファスト映画は

 これらの話と根っこが同じではないか〟

という気がしています。

 

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

 

 

人類って、すごい!

 

世はテレビ離れ

私も25年前に買った

28インチブラウン管を手放して以後、

ご無沙汰していました。

 

しかし最近になって

動画配信を大画面で観たくなり、

量販店へ。


そこであらためて、

テレビが進化していたことを
思い知らされました。

 

アナログ時代のものとは

性能や機能も段違い。

気分は浦島太郎です。

 

いやはや、

「技術の進化ってスゴイなぁ!」と。

しかしこうした革新的な進歩でさえ、

まだまだ序の口かもしれません。

 

人類の、

新しいものを生み出そうとする意欲は、

とどまることを知らないからです。

 

3Dプリンタで造形した建築素材で

家を建てたり、

温暖化の原因である二酸化炭素から

ジェット燃料やプラスティックに作り替えたり。

 

これらの技術は途方もなくて、

果ては人工肉まで作れてしまうとのこと。

 

[http://]

 

テレビ離れが始まっていると言っても、

映像そのものは生活に入り込んでいます。


しかし歴史をふりかえってみると、

映画が発明されてから

まだ120年も経っていないのですよね。

150年前には録音技術すらなかったのです。

 

それを考えると

先人が作り出した技術には、

圧倒されてしまいます!!

 

たまに悲観的になることがあっても、

前を見れば

私たちの未来は考えているよりも、

ずっと明るいのかもしれません。

書き手の魔法

 

数年前のこと。LEDの普及に、

私も部屋の照明を見直そうと、

参考のために一冊の本を手に取りました。

  

[http://:title]

 

『照明で暮らしが変わる あかりの魔法』

(村角千亜希・著/エスクナレッジ・版)

 

照明デザイナー

家庭内における理想的な照明のあり方を

写真やイラストを多用して紹介する内容。

 

読んだ感想はと言うと

「とっても素敵な本!」でした。

 

実用書でありながら写真集のようで、

読み物としても十分楽しめる。

 

しかし私がいちばん衝撃的だったのは、

肝心のLEDについて

一切ふれていなかったことです。

 

もちろん古い本ではありません。

2015年春に出版されたもの。

にもかかわらず、

著者がおすすめするのは白熱電球

 

エジソンの偉大な発明品ではあるけど、

今となっては、

環境に負荷をかけるだけの代物で、

もう姿を消し始めているというのに・・・

 

と、ますます不思議に思うのですが、

著者はそのこと自体にも言及していません。

 

白熱電球は蝋燭が燃えるのと

同じ仕組みで光っていて、

それが安らぎをもたらすから

理想的な照明なのだ——

 

と書かれているだけでした。

 

しかし、この執筆方法は

私にある気づきをもたらしてくれたのです。

 

http://Embed from Getty Images :embed:cite]

 

それは、

〝ネガティブな意見をあえて述べる必要はないのだ〟

ということ。

 

おそらく著者は、

LEDを好ましく思っていないのだと思います。

 かといって著書のなかでそれを鮮明にすれば、

多くの読者の反感を買う。

 

そこで

白熱電球の利点を伝えるだけにした。

 そうすれば読者の気分を害することなく、

自分の意見を伝えられる。

 

これは当時、ネット上で

積極的に批判を展開していた私には、

目から鱗でした。

 

それ以来、

否定的なことを主張するのは、

ほどほどにするようになった、

という次第なのです。

 

 

 

孤独は楽しい

 

 

イギリス政府が

孤独担当大臣というポストを設けそうです。

日本でも孤独孤立化対策をかかげ、

少子化担当大臣がその任に当たることに。

 

たしかに、

介護が必要なひとが孤立化していたら、

それは深刻な問題。

 

ただ政治としての取り組みは別にして、

孤独をネガティブにとらえすぎている風潮は

気になります。

 

生活に危険や支障がまったくないのに、

孤独を否定するのは行き過ぎではないかと。

 

こう思ってしまうのは、

自分自身がひとりで過ごすのが好きだから

かもしれません。

 

私はある一時期をのぞいて、

ひとりでいるのが苦になったことがないのです。

むしろ、淋しいからという理由で

他人とつるもうとしていたり、

レンタル友達と撮った写真をSNSに上げて

仲間が大勢いるように見せているひとの方が

孤独に見えるのです。

 

私の好きな詩に、つぎのような作品があります。

 

∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠

  一人は賑やか

            茨城のり子

 

一人でいるのは 賑やかだ

賑やかな賑やかな森だよ

夢がぱちぱち はぜてくる

よからぬ思いも 湧いてくる

エーデルワイスも 毒の茸も

 

一人でいるのは 賑やかだ

賑やかな賑やかな海だよ

水平線もかたむいて

荒れに荒れっちまう夜もある

なぎの日生まれる馬鹿貝もある

 

一人でいるのは賑やかだ

誓って負け惜しみなんかじゃない

一人でいるとき淋しいやつが

二人寄ったら なお淋しい

 

おおぜい寄ったなら

だ だ だ だ だっと 堕落だな

 

恋人よ

まだどこにいるのかもわからない 君

一人でいるとき 一番賑やかなヤツで

あってくれ

 ∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠

 

結局、孤独とは、

主観的なものだろうと思います。

 

ひとりでいても本人が感じていなければ、

孤独とは言えないのではないかと・・・

 

いかがでしょうか?

 

 [http://Embed from Getty Images :embed:cite]

 

 

しっくり行こう!

 

今から15年近く前、

SNSを利用していたときのことです。

 

とあるユーザーに率直な意見する方がいて、

 

「私は募金なんか一切しません。

見知らぬ他人より自分の楽しみです」

 

と日記に書いていたのです。

 

これは私にとって強烈な言葉でした。

 

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

 

募金や寄付それ自体は善意で行うものなので、

しようがしまいが自由です。

 私も積極的にする方ではないし、

この方を咎めるつもりはありません。

 

むしろ、ここまで正直に

自分の気持ちを発信してしまえるというのは、

うらやましくもあります。

 

それで思い出したのが、

むかしマザー・テレサの映画を観たときのことです。

 

ご存知のように

著名なこの方は神から遣わされたような聖人で、

 

「見知らぬ他人に奉仕することが自分の楽しみです」

 

とでもいうような女性です。

 

しかし当時の私は

観ていて非常に重いものを感じました。

 

「自分はとてもあそこまではできない」

 

そう思ってしまったのです。

 

その後、

宗教関係の本(特に仏教関係)を読み

 

「そうか、いろんなひとがいてもいいんだ!」

 

と思えるようになりました。

 

1円も募金せずに

自分の楽しみだけにお金を使うのがいい

と思えるひとは、それでいい。

 

マザー・テレサのように

孤児たちのために人生を捧げることが

悦びになっているなら、それもいい。

 

いちばん大事なのは、

 

「自分の行いが自分自身にとって

しっくり行っているかどうか」

 

ではないでしょうか。

 

「みんながしているから仕方なく寄付をする。

でも、ほんとうは自分で使いたいんだけどな……」

 

そう思ってしまうくらいなら、

する必要はない。

 

そう今の私は考えるのです。

 

 

志向と才能

 

 今から7、8年前のこと。

作家の小川洋子さんがトーク番組に出演され、

執筆の実際について話をされていました。

 

「小説家というのはどのように作品の構想を練り、

 物語を作って行くものなのか?」

 

というホストの問いに対して、

・自分の頭で思いつくというよりも

 すでに出来上がったものがあり、

 それを顕微鏡でのぞいているような感じ。

 その物語を見ることができるのは自分しかおらず、

 よって私が書き留めないとこの世から消えてしまう。

 だからそれを書き留めているのだ。

 

・一から十まで

 すべて自分が創作したと思えるものは、

 良い小説にはならない。

 他人が書いたもののような感触がある方が、

 いい作品になる。

 

おこがましいと思われるかもしれませんが、

これら言葉にたいへん共感してしまいました。

私もほとんどまったく同じように物語を構想し、

執筆しているからです。

 

唯一違う点があるとすれば、

私の場合は顕微鏡ではなく

自分にしか見えないスクリーンがあり、

そこに映画のように物語が映し出されている、

という点くらいでしょうか。

 

小川洋子さんは、

これ以外にもいろんな話をされていましたが、

共感できるものばかりだったのです。

 

それを聞いて私はこう確信しました。

 

はっきりと自分は

作家としての〝志向〟を持っている、と。

 

 ここでいう志向は、

才能とは別物です。

 

志向があっても才能が伴わなければ、

よい作品は書けません。

 

しかし重要なのは、

「自分にはこういう志向がある!」と

気づくことだと思うのです。

 

誰しも「私はこれといって才能がない。

だけど、これをやりたいというのはあるなぁ」

と思えるものが、

ひとつやふたつはあるのではないでしょうか。

 

それが何かはひとによって違うでしょう。

ピアノだったり野球だったり、

あるいは料理だったりするかもしれません。

 

しかしそれに真剣に取り組むことは、

そのひとの生きる種になると思うのです。

たとえその先にピアニストやプロ野球選手、

料理シェフになれるという保証がなかったとしても・・・

 

[http://Embed from Getty Images :embed:cite] 

 

言葉は変わるよ、どこまでも・・・

 

これを書いている今日(昨年の12月1日)

流行語大賞が〝3密〟に決まった!

とのニュースが流れました。

 

新型コロナの流行が始まったかなり早い時期から

流行語大賞はそれ一色になるだろうと

私は予想していました。

なので、とても納得しています。

(ただ大賞はステイホームを予想していたので、

その点では外れましたが)

 

それにしても、

毎年毎年新しい言葉が誕生する

日本語の変化の速さには

参ってしまいます——

 

というのは、

私は小説を書いている人間なので、

その変化をどこまで作品のなかに反映すべきか

迷ってしまうからです。

 

新しい言葉をまったく使わずに書くと

古臭い感じがします。

 

かといって積極的に取り込むと

いずれ廃れてしまいます。

早い場合には出版した時点で

すでに賞味期限が過ぎているかも

(3密だってコロナが収まれば、

忘れられてしまうしまう可能性大)。

 

それでふと思い出したのは12年前のこと。

当時、私はチベット人留学生と

話をする機会を持ったことがあります。

彼はこう言いました。

 

チベット人は1000年前の文字が読める」と。

 

つまりチベット語は10世紀もの間、

言葉が変化していないのです。

 

これをおもしろ味がないと感じるか、

それとも伝統が守られていると考えるかは

ひとそれぞれ。

 

しかし、

流行り廃れを考慮する必要がないぶんだけ、

私にはうらやましく思えてしまうのです。